Switch Science


Switch Science is one of the open source hardware retailers in Japan. We are manufacturing our own products.

Using IFTTT to tweet the temperature

スイッチサイエンスが提供する第四回目のmbed webinar(mbedのウェブセミナー)の補足を行います。講師はmbed エヴァンジェリストの勝純一先生です。今回はmbedにWi-Fiモジュールを接続し、温度センサで取得した温度をTwitterで呟く方法を説明します。


資料

スライド

/media/uploads/asagin/mbed_webniar4.pdf

配線図

/media/uploads/asagin/webinar4.png

サンプルプログラム

Import programLM75B_IFTTT_mbedLPC1114FN28

温度センサLM75BとWi-FiモジュールESP-WROOM-02をmbed LPC1114FN28に繋げて、温度をIFTTTのMaker Channelに出力するプログラム



部品

- mbed LPC1114FN28
- USB-MicroBケーブル
- ブレッドボード
- ジャンパワイヤ
- LM75B温度センサ(I2C接続)
- ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》
- ピンヘッダ
スイッチサイエンスで販売しているLM75B温度センサとESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》には、ピンヘッダは付属しません。別途ご用意していただき、はんだ付けしてご利用ください。

mbedやブレッドボードなどはスイッチサイエンスのウェブショップからお買い求めいただけます。

参考資料

- developer.mbed.orgのページ
platformページやhankbookページなど、mbedで開発をするときに役立つページがあります。オンラインコンパイラもここからアクセスできます。この動画の撮影直後にページデザインが変更されました。
- IFTTT
ウェブサービス同士を接続するサービスです。
- mbed LPC1114FN28のplatformページ
mbed LPC1114FN28のピンアサイン図が載っています。

よくあるご質問

Q. mbedがパソコンに認識されません。
A. 充電専用USBケーブルを使っていませんか?通信できるUSBケーブルで試してみてください。

Q.mbedがインターネットに繋がりません。
A. サンプルプログラムの8行目に使用するWi-FiルーターのSSIDとパスワードを入力してください。
Q.Twitterにつぶやかれません。
A. 温度を取得してから、Twitterに呟かれるまで1〜2分かかることがあります。

Q. developer.mbed.orgのページのデザインが動画と異なりますが、問題はありませんか。
A. この動画の撮影直後にページデザインが変更になりましたが、サイト構成に変更はないようなので問題はないと思います。