Switch Science


Switch Science is one of the open source hardware retailers in Japan. We are manufacturing our own products.

Switch Science mbed LPC824をはじめよう

概要

Switch Science mbed LPC824のピン配置は次の通りです。


本体正面には、LPC824のリセット用にタクトスイッチがひとつ付いています。
回路図(PDF)

Note

Windowsでは、Switch Science mbed LPC824をCOMポートとして認識させるために、ドライバのインストールが必要です。Windows serial configurationの「Download latest driver」からドライバのインストーラが入手できます。

Note

Switch Science mbed LPC824はMac OS X 10.10(Yosemite)で認識されないため、ドラッグ・アンド・ドロップで書き込みができませんが、takuoさんが用意してくれたmbedremounterを使うことでYosemiteでもこのmbedを認識できるようになります。

販売店

とりあえず

とりあえず、何かを動かしてみたい方は、PlatformsのSwitch Science mbed LPC824をご自分のオンラインコンパイラに追加した上で、こちらのプログラムをインポートし、コンパイルしてみてください。温度センサのLM75Bで取得した温度を、LCD液晶に表示させるプログラムです。mbedとはI2Cで通信を行っています。

Import programLPC824_test

Hello code for "Switch Science mbed LPC824"


このプログラムを動かすために以下の回路を組んでみてください。

今回はスイッチサイエンスで販売しているLM75B温度センサ(I2C接続)I2C接続の小型LCD搭載ボード(3.3V版)を使用しました。

ボードをUSBでPCに接続すると、MBEDというドライブがマウントされるはずです。ここにbinファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることで、mbedにプログラムを転送することができます。binファイルをドラッグ・アンド・ドロップすると、「MBED」ドライブは勝手にアンマウントされ、再度マウントされます。リセットボタンを押すとプログラムが実行されます。

Note

Switch Science mbed LPC824の新しいファームウェアとその書き込み方法は次のページに書かれています。
Firmware LPC824