mbed 2.0 とは?

Information

先日からTwitterなどで「mbed 2.0って.. 結局なに?」という意見が多く見られるので,ここにまとめを書いておきます.これまでに掴んでいる情報をベースにしているので,もし不足や誤解があればご指摘願います.

mbed2.0になって,新しくなったところ
(一部,以前から公開されていた内容を含みます)

ハードウェア関連

  • mbedチップのファームウェアを更新することでCMSIS-DAPに対応.オフライン環境でデバッガが使える
  • mbed-HDKを供給.mbedをベースにした独自ハードウェアの開発をサポート.またmbedチップのファームウェアを供給 (ユーザの要求に応じて).これによりドラッグ・アンド・ドロップで実行ファイルを書き込む,いわゆるmbedインターフェースを独自ハードウェアに搭載可能
  • 新たにターゲットとしてFreescale社のKL25Zをサポート.FRDM-KL25Z評価基板のデバッガ部のファームを書き換えて,この基板をmbed化することが可能

ソフトウェア関連

ウェブサイト/オンラインツール関連

  • webデザインの一新
  • 検索機能の改良
  • コンパイラページのボタン配置等の変更

Information

最後に『Explore mbed!』と題されたビデオ.
mbed2.0をベースにしたmbedの紹介ビデオの日本語字幕版を貼っておきます.


Report

Please log in to post comments.