roboba LPC11U24 マイコンボード

roboba LPC11U24 マイコンボード

mbed LPC11U24 互換のマイコンボードです。
MIT License. 誰でも自由に作って使ってください。売ってもOK。

日本橋でんでんタウン ROBOBA Brand

Specification - 主な仕様

  • NXP LPC11U24 (Cortex-M0, Max 50MHz)
  • mbed互換のピン配列
  • USB=MSC書き込み(内蔵ブートローダー)
  • SWD接続可能(LPCXpresso の LPC-Linkと接続可能)
  • リチウムイオン(ポリマー)電池充電IC搭載 (MCP73831)
  • micro SD ソケット
  • ROBOBA無線モジュール標準化(NEC 950MHz, 2.4GHz, Bluetooth, GainSpan WiFi, XBee)基板を搭載可能

Pin assign - ピンアサイン

20Pのソケット2つは mbed LPC11U24 と同じ配列です。

micro SD

micro SD12345678
mbed p_14113.3V13GND12

ROBOBA無線モジュール標準化ソケット

ROBOBA RFRXTXCTSRTSRESETWAKEUP
mbed p_1092221P1_14P1_3

Download - ダウンロード

Distribution - 販売

Flash(ROM)書込み

USB MSC bootloader

  1. プログラムをコンパイルしてできる .bin ファイルを用意する。
  2. チェックサムが抜けているので、チェックサムを付加する。
    • srec2bin.exe -c filename.bin
  3. デバイスをPCとUSBケーブルで接続する。
  4. ISPボタンを押しながらRESETボタンを押して、ブートローダーモードで起動する。
  5. フラッシュメモリー(リムーバブルディスク)として認識するので、そのディスクを開く。
  6. ディスク内にある firmware.bin を削除する。
  7. 新しい .bin ファイルをコピーする。
  8. RESETボタンを押すと新しいプログラムで起動する。

SWD接続

基板上のCLK、DIO穴に接続することによりSWD経由のデバッグができます。

ジャンパー

VIN給電(5V)かBAT給電(リチウムイオン電池)かを切り替えることができます。

Jumper

  +--+--+--+
  | 1| 2| 3|
  +--+--+--+
  | 4| 5| 6|
  +--+--+--+
  VIN-BAT/CHG
  • 給電セレクト
    • 1-2: VIN or USB
    • 2-3: BAT (Li-ion)
  • 充電セレクト
    • 4-5: 無接続
    • 5-6: VINまたはUSBよりLi-ionを充電

Note

  • srec2bin.exe はLPCXpresso - AVR etcで公開されているzipファイル中から拝借しています。


Report

Please log in to post comments.