Airio-Base でprintfを使用する

Airio-Baseは、ArduinoフォームファクタでLPC11U35/501マイコンとFlashAir用のSDカードスロットが実装されているボードです。 Mbedとして使用する場合、DAPLinkが動作するMbedインタフェースチップが実装されていないので、USBシリアル変換等が動作しません。
printf出来ないのは中々辛いので、USBSerialクラスを使ってprintfを実行させてみました。

Import programUSBSerial_HelloWorld

USBSerial Hello World

#include "mbed.h"
#include "USBSerial.h"
 
USBSerial serial; // 9600 bps
DigitalOut led(LED1);
 
int main(void) {
     
    int count = 0;
    serial.printf("Hello, Mbed world.\n\n");
    while(1)
    {
        led = !led;
        serial.printf("count = %d\n", count++);
        wait(0.5);
    }
}

基本的には、一般的なMbed対応ボードで使うSerialクラスをUSBSerialに置き換えて使用できます。Windowsの場合は、USBSerial用のシリアルドライバが必要です。

ターミナルソフトを起動し、9600, 8N1で接続します。


Report

Please log in to post comments.